クーポン機能があった方がいい理由
2017.07.26

イヤホンクーポンと言えば紙のクーポンを思い浮かべますね。アプリが普及するようになってからクーポン機能というものが開発されました。アプリをダウンロードすると初回限定クーポンなど様々な種類がありアプリを作成する時にクーポン機能があるとお客様の立場から便利です。クーポン機能があった方がいい理由を紹介します。アプリに限らずリピート率を上げる為、休眠顧客を掘り起こすためにもクーポンは活躍します。次回の購入に使えるクーポンがあれば次も来店しようという気持ちになり、今まで店舗から遠のいていた顧客を取り戻すきっかけ作りにもなります。
クーポンには種類があり店舗型のショップじゃなくても送料無料クーポンなどを発行する事で「送料がネック」と思っているお客様に購入を促す事も可能です。クーポン機能があればクーポンの有効期限を設定できる事もでき、コスメやコンタクトなど使用期限があるものに対して商品がなくなる前に次回購入時に使えるクーポンを贈る事で商品を購入するきっかけになります。
コンタクト等は使用期限をうっかり忘れてしまう時もあります。クーポンを発行する事で使用期限が切れる事を知らせる役割も果たします。またQRコードを利用してURLが自動で生成される機能も追加できます。通信販売の場合には商品同梱クーポンの発行も人気で特定の商品を購入すると送料無料にある為、一緒に他のものも購入しようと売り上げが上がる場合があります。
紙で出すクーポンの方が身近に感じアプリやメールのクーポンは使われない事もあります。ですがアプリの利用が多い10代、20代ではWEBクーポンの利用率が高くSNSを使って特定のユーザーに配信をする事も多くなってきました。アプリやWEBでクーポンを発行する事で利用率や利用回数のデータを取る事もでき今後の運営にも役立てる事が出来ます。
クーポン機能はアプリを制作する時に機能追加として入れる事も可能です。またSNSでもクーポンを作成できる機能もあります。SNSの利用は無料で出来ますがビジネスアカウントというものを取得しクーポン機能を利用するので有料になる場合もあります。クーポン機能が使えるSNSとしてはLINEがあります。無料と有料の違いはクーポンを送る人数や数です。顧客が多いショップは有料版を使う必要がありそうです。またSNSのアカウントがない場合にはクーポンを作成するツールがあります。作成ツールを利用してブログやホームページに掲載する事で配信が可能ですよ。

▲ ページトップへ