アプリが出来上がるまでどれくらいの期間がかかるの?
2017.07.26

赤いスマホカバーアプリはゲームやスケジュール管理など個人でも利用する事が多いです。またショップ側でもアプリを使った集客やポイントカードなど活躍する場が増えています。アプリの制作知識があれば個人や企業、ショップなどでアプリの作成をする事が出来ますが、アプリ制作会社に頼む方が多いでしょう。実際にアプリ作成を頼んだ時にアプリが出来上がるまでどれくらいの期間がかかるのか?を紹介いたします。
アプリの制作会社や開発会社での出来上がるまでの期間は決まっていません。アプリ作成内容により大きく変わってきます。まずは企業を作ってくれる会社でアプリについてヒアリングを行いスケジュール予想、見積もりを作ります。大体の期間が出ますのでそれでOKなら開発に移ると言う流れになります。アプリの種類にもよりますが検索ツールやショッピング系のアプリなら早い場合には1ヶ月ほどで作る事ができ平均すると3ヶ月が目安です。ゲーム系やオークション、SNSなどメッセージ系のアプリでは半年から1年以上かかるものもあるので作成や開発を依頼する時には長期になる事も覚悟をしておいた方が良さそうです。
また個人でアプリの作成を請け負う方も多くなってきました。個人の場合には幅広いジャンルを扱わず自分の得意なジャンルの開発を請け負うのでアプリ開発に慣れているかただと数週間で開発出来ます。簡単なアプリ開発なら数日で行う事が出来るので納期を早くしたい方は個人にお願いするのもいいかもしれませんね。ですが、慣れている方だと早いですが不慣れな方だと時間がかなりかかります。
個人に開発をお願いする場合にも目安としての日数や金額は確認しておくと良いでしょう。アプリの開発は予定よりも早まる事も遅くなることもあります。あくまでも作成開発期間は目安として考えて検討してくださいね。
また簡単なアプリなら作成開発業者に頼まなくても簡単にアプリ開発が出来るソフトがあります。無料や有料がありますがソフトの範囲内でつくる事が出来るのなら費用が少なくすみ、テンプレートがある場合には作成時間も短いです。テンプレートが用意されているものはアプリ開発の知識がなくても作る事が可能です。開発業者に頼む前に試しにチャレンジしてみるのも良いと思います。簡単にアプリ開発が出来るソフトには法人対応のものもあります。より複雑なアプリを簡単に作る事が出来ますよ。開発業者に頼むよりも安く作成日数も短く出来るかもしれませんね。

▲ ページトップへ